カッチュウ女子は、傷つかないために〇〇を作る

前回の内容:1日目:カッチュウ女子とは?

傷ついた「依存」から「自立」のステージへ

私たちは、成長する過程で、

「信じてたのに裏切られた」
「甘えたかったのに拒否された」

という経験をし、

「もう誰にも期待しない・頼らない。全部自分でする!!」

と、自立していきます。

 

誰にも頼らないように生きようとするのですが、その際
「傷つかないように生きる」という生き方に力を注ぐ事になってしまいます。

「生きがい」や「楽しさ」よりも、「傷つかない方法」の方が大事になってしまうのです。

 

そして、「傷つかないために必要な(気がする)マイルール」
をいくつも作っていきます。

「マイルール」というのは、例えば、このようなことです。

  • 迷惑をかけてはいけない
  • 人を信じちゃいけない
  • 他人を頼っちゃいけない
  • 能力や知識を持つべき
  • 優秀になるべき
  • 人の役に立たなくてはいけない
  • 「正しい人」であるべき
  • ちゃんとするべき
  • サボっちゃいけない

※これらは、「マイルールだ」と自覚している場合もあれば、無意識の場合もあります。

「マイルール」のせいで、様々な「行動・思考の傾向」が定着していくことになります。

 

カッチュウ女子がハマりがちな「行動・思考」の傾向

他人に干渉しすぎてしまう

「マイルール」を他人にも守って欲しくて、つい、他人にあれこれと指図したり、他人の人生に口出しをしてしまいたくなる。

 

人の世話を焼きすぎてしまう

自分自身が持っている、「誰かを頼りたい欲求」「頼った時に助けもらえなかった心の傷」を他人に投影し、あれこれ世話を焼いてしまう。

 

勝ち負けにこだわりすぎてしまう

「必要とされる自分」になりたい気持ちから、他人と自分を比較して、競争心や嫉妬心が強く芽生えてしまう。

 

自分の感情を抑えつけてしまう

「もう傷つきたくない」という気持ちから、自分の素直な気持ちを表現することを諦めてしまう。

 

どれかひとつに当てはまる場合もありますし、
複数当てはまると感じる方もおられるかと思います。

それぞれの項目については、
次回以降、詳しくお話していきます。

 

「カッチュウ女子度チェックシート」を受け取っていない方は、

この機会にチェックをオススメします。

 

富田とLINEでお友だちになると、

「自分の『カッチュウ女子度』がどのくらいか」をチェックすることが出来ます。

登録はこちらをクリック(無料)
↓↓↓

Copyright© 富田れいこ公式サイト , 2020 All Rights Reserved.